top of page

愛情と過保護

ある働くお母さんは、

ご自分の出勤の支度にも忙しい中、

登校するお子さんを姿が見えなくなるまで見送ります。


きっとその子には、

見守られている安心感が

心の底に育つのですね。


そしてそれが、

自己肯定感となり、

困難に耐えられる力になるのでしょう。


見守るのは愛情。




一方、こどもが自分でやれることを、

やってあげてしうのは過保護。


過保護は親の自己満足。

待つのが面倒で、思い通りの結果にしたい親の都合。



知らず知らずのうちに「どうせお前にはできないのだ」という

マイナスのメッセージをこどもに送っています。


今、やっていることは過保護?それとも愛情?

少し深呼吸して立ち止まってみましょう。





最新記事

すべて表示

1月、2月のイベントのご案内

《イベント申込・問い合わせ方法》 ・学心舎公式LINEにご連絡 ・022-711-9950(学心舎・成田)にお電話 ・HPの『お問い合わせフォーム』よりご連絡 全てのイベントは学心舎の生徒問わず、どなたでもご参加いただけます。 ①1月のこども論語塾 偉人伝『芸術で人々を救った和尚・月僊上人(げっせんしょうにん』(第117回) 【内容】 江戸時代の和尚さんである月僊上人は「乞食(こじき)」と悪口を言

bottom of page